気がついたら、人生の半分以上の時間をハワイで暮らしていることにっ! 国籍はアメリカですが、ルーツは日本。どっちつかずでちょっと感覚ズレてるかも???             http://www.webeeshawaii.com/


by ibee-hawaii
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

Credit Reportって何?

アメリカでの生活を始めた時、まず困ったのがクレジット・リポートというヤツでしたね・・・

なんなのっ、それ!!!
ってまず最初にブチあたった壁だったかも。
当時は学生をしていたので、アパートを借りるにも現地保証人+収入証明(振込みをしてくれる扶養者が確かに存在するという証明)がMUSTで必要でした。
これはまぁ、いいとするっ。
学生に部屋を貸すんだから、と納得だった。

学生を終えて(というか途中で終わらせてwww)、仕事を始めたでしょ。
「よ~し、これで自分名義だけでアパートを借りることも出来るぞぉ~!」
って思ったわけですねぇ・・・・

ところが、あまかったっっ(>_<)
e0151407_394075.jpg

シアーズで買い物をしたとき、キャッシャーのおねえさんから「シアーズカード、作りませんか?」と言われてね、「はぃ、作ります!」と勢いよく答えたまではよかった・・・・・
しばらくして言われたのは 

「あらぁ、ごめんなさいクレジットヒストリーがなぃから今回はカード作れないわ。」

なんじゃ、そりゃああああ~~
クレジット・ヒストリーって借金の記録?ってこと???
借金してなぃ=良いイメージなんちゃうの~~~~!

                          ・・・・・・・・・・違うらしぃ・・・・・・・・・・・

借金(住宅ローンとか車ローン、デパートカードを含む)する
            ↓
毎月、ちゃんと一定額の返済をする
            ↓
金銭的信用がついてくる

こんなことらしぃ・・・日本とは感覚が違ってたので面くらいましたねぇ~~~~
ローンすることなく、毎回現金でチャッチャと支払うほうがクリーンなイメージがあったのにぃ。

アメリカで生活するうえで、とっても重要な意味を持ってくる=クレジット・ヒストリー

上に貼った写真、わたしのところへ届いたクレジット・リポート実物です。
(実際は白い紙ね、ウラが透けて見えそうだったからEffect編集で黒く染めました^_^;)
クレジット・リポート=クレジット・ヒストリーを集計したもの で、Bank Accountの動き、公共料金の支払い記録、ローン返済の記録、デパートカード&クレジットカードの記録、そんなものが全て記録されていて、尚且つ評価まで付いているっっ
e0151407_335273.jpgわたしの評価(笑)
767=エクセレント!
これって喜んでいいのやら、悪いのやら・・・だね^_^;
いかに借金をし、長期間にわたって毎月返済をクリアしているか、ということの証明ではあるんだけど「日本人気質」な部分ではちょと抵抗がある、かも。
クレジットのスコアと呼ばれているのが、記載されている数字です。
最低は350 最高が850、これが750以上だとエクセレントという評価が付きます。
この評価、どんなシチュエーションで使われるかと言うと
住宅や車をローンで購入する際の利息=クレジットスコアが高ければ利息%が低くなります、おもしろぃね。
クレジットカードの利息もスコアによって変わってくるし。

アメリカ生活を始めるとき、まず最初に手をつけるべきがココかもしれない。

ヒストリーがない=ローン組めない
どうやってクレジットヒストリーを始めたらいいの?=という話しになってきますよね・・・

まずはオートローンから始めるのが手っ取り早いかな。
ディーラーから車を購入するとき、たとえ一括で支払うことができるとしてもキャッシュではなくローンを選択する、ここから始めるのがEasyです。
車のローン、ヒストリーなしでも「まず断られることはありませんっ」
ただし、初ローンだから利息は思いっきり高いはずねぇ~~~~
とりあえずローンを組んで、毎月返済を行う。
半分(ローン額の)くらい払い終わったあたりで、残りを全額イッキに支払ってローンを終わらせてしまうのが手だったりします(笑)
最初のローンをクリアすれば、後はデパートカードを作るときに断られることはまずなくなる。

ただし、ローン(もしくはカード)で購入した→初回の請求書で全額支払ってしまう
これはNGね~~~
ヒストリーを残すためには、何回かに分けて設定されたミニマム・ペイメントの金額を支払ってからでなくてはいけません。
翌月全額返済したい気持ちはグっとこらえてください!

以下に記載する内容はクレジット・リポートに付随されているPositive Factors&Negative Factors(評価を上げるためにプラスになる要素&マイナス要素)というアドヴァイスを要約したものねっ

①クレジットカードやデパートカード、やたらめったら作ってはダメ!
もしカードを複数利用したい場合は、12ヶ月以上経過した後に次のカードアカウントをOPENすること。
※作るだけで使用しないアカウントはCloseしたほうが評価が良くなる※

②車や住宅のローンなど「おおぐち」についても、ローン金額の50%以上を返済し終わっていること

③公共料金を含む各種支払い期限を厳守すること(延滞や未納が生じると評価はイッキにガクっと落ちますっ)

④住宅ローンに付随して銀行から勧められることが多いRevolving Account(主にホームエクィティと呼ばれている住宅施設改善費にあてるためのセカンドローン)=もし、このアカウントから借り入れを行った場合、6ヶ月以内に返済を行うこと。

⑤クレジットカードの使用額は利用限度設定額の50%以内に留めるようにする。
(クレジットカードの規定も日本とアメリカでは異なっています・・・長くなるから、これはまた別の機会に書くねっ)
※この額%によって、クレジットスコアに15%もの数値の違いが生じてくる※

このクレジット・リポートを作成するにあたっての記録入手先というのが記載されていました。

Consumer reportというヤツねっ
これはFederal Trade Commission Comsumer Response Center-FCRAという機関が集計した特定個人(企業もね)の収支記録。
ローンを組むときや生命保険加入の際に保険金額の妥当性について信用調査を行う場合、まずほとんどの会社(含むBank)がConsumer Reportを取り寄せることになります。

ここまで話しが進んでくると、終わりがないくらい付随する事柄が出てきますねぇ~~~
また今度、気力があるときに(笑)書くねっ^_^;
(そろそろお腹がすいてきたらしぃ~~~~)

月初めなもので、各種支払いや口座内をチェックしなければ~~~
なもので、こんな話題になりました(わははは)

今朝?
はぃ、晴天です(^o^)丿
日曜の朝は、この時間になっても街が静かだよ~!
[PR]
by ibee-hawaii | 2008-11-03 04:22 | ハワイ生活情報・マメ知識